生きるのが楽になるヨガの知恵

    ヨガには「不盗」という教えがある   他人の物、時間、信頼、権利、利益などを盗んではいけない   という教え 私も常に意識しているヨガの知恵   誰かの物を盗むのはよくない事 これは誰でも知っていると思う しかし誰かの時間を盗んでいる という感覚を持っている方はあまり多くない   私は「時間を盗んではいないか?」という意識を常に持つようにしている     ヨガのレッスンや誰かと会う時 皆さんの時間を頂いている だから皆さんが時間やお金を使ってくれた以上の 価値を提供しなければと   私に会いに来てくれる方は 何かと引き換えに私と会っている 時間だったり 会うために使うお金や行動 そして会う為に協力してくれた他の方の時間や気持ちも   決して暇だから 時間があるからではなく 時間を優先的につかい 調整し私との時間に費やしてくれている     だからこそ 相手に価値ある時間 相手に価値ある内容 相手に利益をもたらす情報etc を丁寧に心を込めて対応させて頂いています     コミュニケーションと自分が言いたいことだけ言うは違う ただ1人で抱えきれない気持ちや悩み、辛さはぜひ誰かの時間を頂いてでも話した方がいいと思います 「時間を頂いている」という感覚があれば たとえ期待通りの答えがもらえなくても 相手にとてつもない感謝が生まれます   自分の気持ちをわかってくれなかった・・・ そう思ったとしても 時間を使ってくれたことは有難いと思えます     相手の時間を盗んでいないか? その視点を持つだけで よりよい人間関係を保てるはず その視点を共有できない関係は続かないので見極める為にもいいかも     と今日はちょっと短めだけど辛口な内容でした 私自身も常に意識し続けられるようにシェアします    ...

  いつまでたっても 年齢を重ねても まだまだ未熟だなぁと思う     動けば自分の未熟さや出来ていない事に出会う そして凹む でもやっぱり動きたい     そして自分の成長を楽しみたい     未熟な自分と対峙しながら 少しずつ成長し続ける その過程を楽しめる自分だといいよね   どんな世界に身をおくか? どんな世界を創造するか?   今いる世界も これから生きる世界も 全て自分が創り出したもの       ヨガ哲学では「この世はマーヤ(幻)」 同じ世界に生きていても その人の考え方で世界は変わる     行動して未熟さを目の当たりにして 凹む自分を楽しむか? 人と比べてダメだと凹み続けるか? 世の中からダメだしされていると思い込むか?     凹むのが嫌だから 行動しないことを選ぶのか?   どんな人生が楽しいだろう どんな自分で生きたいだろう? どんな世界を楽しみたいだろう     世界を楽しめれば 生きていくのが楽になる 自分にも人にも優しくなれる     私はこれからも 自分の成長を楽しみたい 自分の可能性を最大限に引き出して 誰かの役にたちたい     生きている間に 世の中にできることをやりたい だから行動をやめずに成長し続けます       完璧じゃない自分を楽しめる人が増えるように 私の学んだ事を少しづつ伝えています もっと深く伝えられるように 試行錯誤中です    ...